教育費がかかるご時世

高額な教育費

支援制度

投稿日 2014年1月24日 12:02 PM | 投稿者 きょういく

教育ローンの基礎知識についていくつか紹介します。教育ローンとは、日本においては金融機関が個人を対象に行う、使い道を教育関係費に限定したローンのことです。学生の保護者や扶養者が、学費の支払いのために利用ケースが多いようです。学生本人を対象とした金銭的な支援制度としては奨学金、生活費などの教育費以外の融資としては消費者金融の範疇に含まれる学生ローンが知られています。 次の教育ローンの基礎知識は、借入の種類についてです。「証書貸付型」は、住宅ローンや自動車ローンと同じく、金融機関所定の契約書に融資額や返済方法が記載され、内容通りの条件で融資を受け返済していくものです。「極度枠設定型」は取り扱い金融機関の審査に応じて証書貸付の極度枠を設定して、その極度枠の範囲内であれば必要に応じて証書貸付と同条件の融資を重ねて受けられる形態です。「カードローン型」は、カードローンとして契約しその極度枠の範囲内であれば使途証明書類を提出することで、通常よりも低金利で貸付が受けられる形態です。 最後の教育ローンの基礎知識は、公的機関による教育ローンについてです。銀行などの民間の金融機関が行うもののほかに、政府系の公的機関が行うものがあります。比較的低利な固定金利ですが、住宅金融公庫や郵政民営化と同じく民間金融機関に対する民業圧迫とされて、2006年前後に行政改革で制度が縮小されました。日本政策金融公庫が行なっています。