教育費がかかるご時世

高額な教育費

家庭の経済事情

投稿日 2014年1月24日 12:06 PM | 投稿者 きょういく

子供の教育だけはしっかりとと考えている家庭は多いと思います。でも実際には経済危機から家計が苦しくなって思うように子供の教育を受けられない家庭も多くよくメディアなどでも問題になっています。特に高校から大学進学を考えた場合はかなりの教育費が必要になるために進学をあきらめる子供もいるかもしれません。でも今の日本は勉強していきたい気持ちがあれば進学のための借り入れをする制度もあります。だいたい奨学金をうけるか金融機関の教育ローンを組むことになります。それぞれお金を借り入れることは同じですが教育ローンのメリットは何かというと例えば子供の成績が悪くても借り入れができるということです。申し込みの時の書類審査がお金を借りるということに徹しているのが一つの教育ローンのメリットであり、面倒な学校成績の提出などをしなくて済みます。また借り入れる金額も可能額の中であれば自由に設定できるのも教育ローンのメリットです。進学予定の大学が提携している教育ローンがあれば一番いかもしれません。金融機関からの借り入れですとすぐに返済が始まってしまいますが、大学提携の教育ローンであれば返済の始まりが学生が卒業するまで待ってもらうことが可能なこともあります。同じ金額でも借り入れる機関によって金利もだいぶ違うので各家庭の経済事情をよく考えた上でそれぞれの教育ローンのメリットを最大活用できるように考えることをおすすめします。進学はなるべくなら諦めることなく希望を叶えてあげたいものです。