教育費がかかるご時世

高額な教育費

幼児教育から大学まで

子供の教育に関しては、何かとお金が掛かるご時世です。子供の習い事は3歳からがベストである、などという人もいるように、この世に生を受けてから、僅か3年経過しただけで、もう親が子供に教育的な費用を掛ける時代になっています。子供一人に対して、大学を卒業するまでに掛かる教育費というのは、何千万円とも言われています。子供一人に対してその位高額な費用が掛かってしまうのですから、兄弟がいる家庭では、その2倍、3倍と教育費用が掛かってしまうという家庭も出てくる訳です。親としては、子供が自分で進学したいという希望があるならば、それを叶えてやりたい、と思うのが当然です。しかし、実際問題として、大学費用を全て今まで頑張って働いてきた貯金などで賄えるのかというと、それは難しいという家庭も多いことでしょう。大学生活の何年間かを過ごすには、入学金だけが大学費用ではないからです。自宅から通える範囲内で大学進学をするという人はまだ良いですが、そうでない人も沢山います。その場合には、進学する大学の近くで暮らす為の費用も必要になってきます。親が毎月一生懸命働いたとしても、どうしてもそれらのお金を調達することが困難な人もいることでしょう。そんな人の役に立つのが教育ローンです。教育ローンとは、保護者の立場の人間が、子供の教育のために必要なお金を金融機関から借りることを言います。教育ローンにも種類があります。それは、公的な教育ローンと民間の教育ローンです。公的な教育ローンとは、国からお金を借りるローンのことです。公的教育ローンの特徴としては、固定金利で借りることが出来る、無担保で借りられる、また金利面に関しても、とても低く設定されていることなどが挙げられます。民間の教育ローンとは、銀行を始めとして、労働金庫や保険会社、信販会社など、様々な選択肢があります。これらのローンは、条件も借りる金融機関により異なります。無担保でも有担保でもよい場合や、金利も固定金利か変動金利を選べる金融機関もあります。

 
クレジットカード おすすめ